MENU

自分が関わった建物が、
またひとつ、茨城にできる。

住谷 太さん 暁飯島工業株式会社 茨城事業部

PROFILE

住谷 太さん
暁飯島工業株式会社茨城事業部 茨城工事部工事1課 2012年入社

東京電機大学 情報環境学部情報環境学科卒業 / 茨城県ひたちなか市出身
地元での、都市開発と自然環境との調和と併存を実現する「住環境に関わる仕事」に興味を持ち、人と情報の関係を探求できる大学へ進学。
もとより茨城県内企業への就職希望だったため、県内企業説明会に積極的に参加し、暁飯島工業株式会社と出会う。
現在は、建築総合設備工事の施工管理業務に携わる。

QUESTION
茨城県での就職を決めた理由は?
ANSWER

茨城以外で就職することを
全く考えていませんでした。

大学進学後も常にUターン就職を考えていました。 それは、生まれ育った街並みの成長に関わりたいということと、同じように県外大学へ進学し、卒業後にUターン就職した兄の影響が大きかったと思います。ただ、在学中の就職活動は、帰省しないと茨城県内企業の説明会が少なく、希望する企業になかなか出会えませんでした。
東日本大震災が起きた年に大学を卒業。就職は実家の復旧のために一時保留し、約1年間派遣社員として働きながら就職活動を継続しました。
この期間を地元で働き、やはり「茨城で働く生き方」が自分にはしっくりくることを実感できたのが大きな理由です。

QUESTION
現在のお仕事を教えてください。
ANSWER

空気調和・給排水衛生設備の
施工管理を行っています。

建物には、エアコンや換気扇などの空調、トイレや洗面所などの衛生設備があります。
私の仕事は新築工事や改修工事の現場で、空気調和・給排水衛生設備工事の品質・予算・工程・安全管理を確実に行うことです。工事では、室内の空気環境や水回りの衛生環境を快適に維持するだけでなく、使用した水を衛生的に排水するために環境への影響を考えることも大切です。
大学で学んだ「都市の発展と環境との調和の両立」というテーマが、まさに今の仕事にぴったり活かされています。
今後は管工事施工管理技術検定1級に合格して、施工管理の担当者として仕事の幅を広げていきたいと思っています。

QUESTION
仕事のやりがいを教えてください。
ANSWER

建物が完成したときは、
言葉では表せないほどうれしい!

携わった工事現場が、無事に竣工したときは感無量です。
建物は、建設会社、電気設備会社、そして私たちのような空調や水回りを担当する設備会社が一つのチームになってつくられます。役割の異なる企業が協働しますので、工事の進み具合を共有し、日程調整を頻繁に行いながら、より効率的に進める必要があります。ところが計画通りには進まないのが現場です。スケジュール遅れのしわ寄せが、実際に作業をする職人さん方に影響しないように、より早い段階においてチーム内で共有・調整することも私の大切な役割です。
緊張感を持って日々施工管理を行っているからこそ、建物が完成したときの喜びはひとしおです。

QUESTION
就職活動のアドバイスをお願いします。
ANSWER

情報収集が「要」になりますので、
とにかく、情報をかき集めましょう。

建設業界に就職して、自分が就活中に業界研究や企業研究で知ることができた企業は、全体のほんの一部であったと実感しています。
建設業界に限らず、どの業界においても取引先や協力会社などを含めると想像以上の企業数があり密接に関わっていると思います。
就活中の目標や方針を明確にするため、そして自身の視野を広げ興味が持てる企業を探すためにも、積極的に企業説明会に参加するとともに、就職情報サイトの活用は勿論、キャリアセンターの活用も大切にしてください。
茨城の会社を調べてみると「こんなにたくさんの会社があるのか」と、きっと驚くはずです。まずは、積極的に茨城県内企業のことを知っていってほしいですね。

ずばり教えて!
Uターンしてよかったこと、困ったこと。

よかったこと

  • ・悩んだり失敗したときは、家族がそばにいてくれる。
  • ・気にかけてくれる人がいることは、とても安心する。

困ったこと

  • ・特にありません。

INTERVIEW

茨城県を動かす人たち