MENU

茨城の主力産業である
農業を支える誇り。

髙野 千晶さん 全国農業協同組合連合会茨城県本部

PROFILE

髙野 千晶さん
全国農業協同組合連合会茨城県本部
生産資材部 農業機械課 2017年入会

青山学院大学 法学部法学科卒業 / 茨城県常陸太田市出身
大学卒業後は、「茨城に貢献したい」という思いから全国農業協同組合連合会に入会。現在は農業機械課で農業用機械の受け渡し業務などを行う。

QUESTION
茨城県での就職を決めた理由は?
ANSWER

県の主力産業・農業のサポートで
茨城の活性化に貢献したい。

高校生のときから、茨城で働くイメージをぼんやりとですが持っていました。
大学は公務員を目指し法学部に進学しました。
大学3年になり、就活を本格的に始めると、果たして公務員になってどうしていきたいのか自分の心の中に迷いや葛藤が出始めました。そこで自分自身をもう一度自己分析してみると、本当にやりたいことは『茨城に貢献し恩返ししたいこと』であると気づきました。そしてそれは、公務員でなくても可能なのではないかと・・・。
では、どの業種でしごとを見つけ、どこに就職すればその思いが叶うのか…そんな思いを胸に、改めて企業研究を始めました。
皆さんは、茨城県の農業産出額が全国第2位であることをご存知ですか?私はそこに着目しました。主力産業である「農業」に関わる仕事で、地域に貢献しようと。そして、経済事業で農業生産者を支える「JA全農いばらき」への就職を志望しました。

QUESTION
現在のお仕事を教えてください。
ANSWER

農業生産者に必要な資材や機器・機械
それを独自の流通経路で供給しています。

生産者の皆様が、草刈りに使う「鎌」などの小さな農具から、稲を植える「田植え機」・畑を耕す「トラクター」、米の収穫・脱穀まで行える「コンバイン」という大型農機までを、県内全域のJAを窓口にして注文を受け、農機メーカーへ発注し、メーカーから直接JAへ納品する。つまり、農業をする際に必要な道具や機械の受け渡しを、『流通』で生産者の皆様を支える仕事です。
メーカーからの直接納品以外に、在庫倉庫からの出荷もあります。その際、手では持てない大きな機械を運ぶこともあるため、フォークリフトを運転する資格を取得しました。
また、年2回行われる「農機・生産資材展示会」も大切な仕事です。そこでは農業セミナーの開催や、生産資材展示販売会のほかに中古農機展示即売会などを開催します。昨年初めて開催スタッフになったときは、課のメンバー全員でツナギを着て会場づくりをするなど、大学時代には想像もしていなかった仕事をさせていただきました。

QUESTION
仕事のやりがいを教えてください。
ANSWER

農業機械を通して
茨城に恩返しできること。

農作業の効率化を支援できる農業機械は、高齢化が進む多くの農家にとってなくてはならないものです。春の田植え、秋の稲刈りの時期は「これが欲しい」との問合せが多数あり、1,000万円以上するコンバインが何台も売れることもあるんです。
この仕事をしていると、改めて茨城は農業が盛んだということが肌で感じられ、自分の仕事が茨城にとって大切な役割を果たせていると思えます。
農業が活性化すれば、地域はますます活性化する。入会当時と同じ思いを持って今も仕事に取り組んでいます。生産者の皆様が本当に欲しいと思う農業機械を、よりスピーディにより良い状態でお渡しできるように、これからも経験を積んでいきたいです。

QUESTION
就職活動のアドバイスをお願いします。
ANSWER

茨城を一度離れたなら、
地元を見直すチャンスです!

茨城では若い人材の採用に積極的な企業が多く、面接時は私の話にじっくり耳を傾けてくれるところがたくさんありました。就職してからもJA全農いばらきでは職場全体で若手を育てることを大切にしているので、普段の業務から重要な戦力として頼りにしてくださっています。
“頼られる”事を意気に感じ、もっと良くしようと“知恵を絞る・工夫する”ことで、充実した毎日につながっています。
大学のキャリアセンターでは、Uターン就職を考えている学生向けに地元企業の紹介もしていると思います。東京だけに絞らず、地元に目を向けてみると、いままで気づかなかった魅力的な企業がたくさんあることに驚くと思いますよ。

ずばり教えて!
Uターンしてよかったこと、困ったこと。

よかったこと

  • ・家族と過ごせて、生活費がかからない。
  • ・車通勤だからストレスを感じない。
  • ・子育てしやすい環境が整っている。

困ったこと

  • ・東京にいる友達と気軽には会えない。
  • ・飲みに行く時は帰りが大抵代行タクシーか、ホテル泊になる。
    (でもよく考えるとそんなに飲みにはいかない)

INTERVIEW

茨城県を動かす人たち