MENU

仕事では海外への道を切り拓き、
休日は茨城の自然を楽しむ。

伏見 香奈枝さん 野上技研 ユニット事業部 営業課

PROFILE

伏見 香奈枝さん
野上技研ユニット事業部 営業課 2013年入社

専修大学商学部卒 / 静岡県出身。東京の大学に進学し卒業後茨城へ。大学では海外の方と交流がしたいという思いから国際交流サークルに所属。野上技研には、これから積極的に海外進出していくという社長の考えに共感し、入社。入社してから一貫して海外営業を担当している。

QUESTION
茨城県での就職を決めた理由は?
ANSWER

ここで一緒に海外への道を
開いていきたいと思ったから。

親元にいると甘えてしまう性格だと自覚していたので、地元に戻らずに東京か首都圏を就職先に考えていました。また、小さいころに祖父が営む樹脂製品の工場によくいたため、機械のゴツゴツしたところや、ものづくりをしている姿がかっこいいと感じ、製造業に関わりたいと思っていました。野上技研に入社を決めたのは、会社説明会で社長が「今後は海外にどんどん輸出をしていきたい」と積極的な考えを熱く語っていたから。すでに海外に行っている会社よりも、自分もそこに加わって1から作っていけそうなところに魅力を感じました。

QUESTION
現在のお仕事を教えてください。
ANSWER

海外営業として
世界中のお客様に対応しています。

海外営業を任されています。見積書や営業書類の作成、製品の組立図や仕様書の翻訳、出荷手配、通関手続きなど、内容は多岐にわたります。英語で海外の技術者とやりとりをするので、ビジネス英語はもちろん、日本語でも馴染みがない専門用語にとても苦労しています。グローバルの電池メーカーや、研究所との取引が多いですね。ドイツやアメリカ、メキシコ、イスラエルなど、世界中から相談が来るので、特定の地域と取引をしているという印象はありません。普段の業務はメールでのやり取りがメインになりますが、海外で開催される展示会で直接お客様と打ち合わせをすることもあります。

QUESTION
仕事のやりがいを教えてください。
ANSWER

お客様が抱える課題の
解決策を提案できること。

依頼されたことにそのまま応えるのではなく、お客様が抱える課題の本質を探り、根本的なところでソリューションを提供できる製品を提案するように心がけています。メーカー営業というと商品を売る仕事だと思うかもしれませんが、実は解決策を提案する仕事。そこが営業という仕事のやりがいなのかもしれません。自分のやりたかった製造業、営業、海外という軸がすべて実現できていることにとても満足しています。これからは会社により貢献できるよう、営業的なスキルをもっと身につけていきたいです。

QUESTION
茨城県のイメージは変わりましたか?
ANSWER

どこで遊ぶんだろう?が、
遊ぶところだらけだ!に。

来る前までは音楽フェスと映画のロケ地というイメージしかなかったんです。でも茨城に住んでみると、地元・静岡と似ていることに気がつき、ほっとしました。電車のドアの開閉がボタン式だったり、野生のキジが普通にいたり驚くこともたくさんありますが、そのすべてが面白いです。大学生の頃は「遊ぶ」と言ったらカフェに行ったり、買い物をすることだったのですが、今ではそれがドライブやサイクリング、山登り、ガーデニングなどに変わりました。自然を感じながら過ごすことが出来るので、とても楽しく生活しています。

私の休日

一緒に
サイクリングしましょ。

休日は自転車に乗ってサイクリングを楽しんでいます。ずっと続く一本道を走るのはとても気持ちがいいですよ。

INTERVIEW

茨城県を動かす人たち